「よんなーハウス」のホームページへようこそ

2021年11月1日より居場所を再開します。

新型コロナウイルスへの対応
(外部団体の主催するイベントに関しては開催団体独自の対応で行われます。)

  1. 一度に居場所を利用できる人数は5名まで。
  2. マスクの着用をお願いします。
  3. 入る際に手指の消毒をお願いします。
  4. 1.5m〜2m以上離れてお座りください。
  5. 居場所の窓は常時開放いたします。
  6. トイレを利用し終わったらトイレのドアや窓は開けておいてください。
  7. 体調の悪い日の居場所利用はお控えください。
  8. 非接触型の体温計の利用は皆様の判断におまかせいたします。もし心配な方がおられたらお声かけください。
  9. 体温には個人差があり、また特に感染初期や無症状では体温と感染には相関関係は出ずづらいと思われますので、来所する際は次の項目を気にかけてください。
  10. 数日の行動履歴を振り返り感染の可能性が高まっていると感じたら居場所のご利用はご遠慮ください。
  11. 居場所における飲食はペットボトル飲料のみ可能です。

 よんなーハウスはもともと私の祖父が約70年前に建てた家で私の生まれ育った場所です。

 そんな大事な家も空き家となり廃屋化が進み、景観や安全面で問題となっていました。

 その解決と、プラス、今までお世話になった地域への感謝に、現在は居場所 (自分用も含めて) として使っています。

注意事項

 新型コロナ対策へのご協力よろしくおねがいします。

名前について

 居場所には「よんなーハウス」と「makaniaizu」という2つの名前があります。
 一般的に使っている名前「よんなーハウス」の「よんなー」は沖縄方言で「ゆっくり」という意味です。
 第二の名前「makaniaizu(マカニアイジュ)」は私のつくった造語で、makani(マカニ)はハワイ語で “風 “、aizu(アイジュ)は沖縄方言で “在処 “という意味で、室内を風が吹き抜ける居場所をイメージしています。