その他

makaniaizuと居場所の名前

居場所の名前が定まりません。少し前は「風のある家」だったのですが今は「風ある場所」です。

名前に「風」を付ける事は拘っています。何故なら、居場所で利用する家屋が昔風で外に開いた造りで風の通りが非常に良いからなのです。だから「風の通り道」というトトロ風な名前を考えた事もあります、しかしその名前は有名すぎるので、ネット検索で見つからない「風ある場所」に辿り着いた次第です。「の」を抜いたのがミソです。

ところでローマ字名のmakaniaizu(マカニアイジュ)は当初から変更がありません。これからも変わらないと思います。それは私自身がとても気に入っているからです。aizuをアイジュと読むのが難しいのですが、マカニアイズと読んでもOKです。さて意味なんですがmakaniはハワイの言葉で「風」を意味します。aizu(アイジュ)は沖縄の方言で「在処」を意味します。直訳すれば「風の在処(ありか)」になります。それをわかりやすくしたのが今の名前「風ある場所」です。またaizuをアイズと読んだ場合、「風の合図」となり風が何かを知らせてくれる、という連想から、この場所には風があり何かを気付かせてくれる、そうなり「マカニアイズ」という読みもOKなのです。