簡易マスクを作って見た

投稿者: | 2020年4月9日

ここ最近、近所のどの店でもマスクが品切れで、入荷予定なしの張り紙がしてあるところもあって、しょーがないからキッチンペーパーで簡易マスクを作って見ました。

キッチンペーパーでマスクつくるときに気をつけないといけないのは、ものによっては息を通さないペーパーがあるということ、それで作ってしまうとやたらマスクが息苦しくなります^^;

あと素材が紙なのでどうしても汗や雨に弱くなるのが気になるところ。

作り方は簡単です。キッチンペーパーを適当な枚数重ねて、両端を適当な長さに折り曲げて、そこにゴムを通して上下端をホッチギスでとめるだけです。

このマスクはあくまでも簡易用で鼻のところに隙間が出来てそこからどうしても息が逃げてしまうので、素材も含めて完全ではありません。それでも喋るときに飛沫の飛びちりを減らすエチケット用になると思います。あと自分の手で口元を触らないようになりますし。ないよりは精神的にだいぶ楽です。

※咳の出る方はちゃんとしたマスクの着用をおすすめします。

この他にもネットを検索すると色々な作り方が出てくるのでなるべく簡単で効果のある作り方を試行錯誤してみるといいと思います。

この簡易マスクだとあと鼻の所に園芸用の結束ワイヤーなどをセロテープで貼れば鼻の形に合わせたフィット感が出るんじゃないかなと考えています。

※試してみたところマスクの上下辺にワイヤーを貼り付けるとだいぶマスクらしいフィット感になりました。左右辺側は試していません。この方法でちょっと気になるのがセロハンテープの粘着成分の匂い、自分が買った物ではそれが結構して鼻がムズムズします^^; セロハンテープは匂いがしないものを選んだほうがいいです・・・。

※体のことを考えたらテープは使わずにワイヤーもホッチギスで固定したほうがいいかもしれません、テープの粘着成分を吸い続けることが体に良いとは思えないし。

キッチンペーパーとゴムとホッチギスでつくった簡易マスク。輪ゴムはちょっと恥ずかしい><